タタラバガニは実はヤドカリの一種?

タラバガニは実はヤドカリの一種?

『カニの王様』と呼ばれるタラバガニですが、本当はカニではないという話をよく耳にします。
果たして事実なのでしょうか?そしてカニじゃなければ、一体何なのでしょうか?

 

タラバガニはヤドカリの一種?

形が大きく身がギッシリ詰まった美味しいタラバガニは、ズワイガニなどと一緒に『カニ』として愛されていますよね。
しかし、学術上はエビ目(十脚目)・ヤドカリ下目・タラバガニ科に属する、甲殻類の一種とされています。
ちなみにズワイガニはエビ目(十脚目)・ケセンガニ科(旧クモガニ科)に属する蟹なのだとか。
タラバガニは、分類学上でいえば、蟹ではなくヤドカリの仲間なのだそうです。
何だか意外ですよね。

 

タラバガニの脚は8本なのに何故『十脚科』なの?

タラバガニとズワイガニの形状の違いに脚の数があります。
ズワイガニの脚は5対で10本ありますが、タラバガニの脚は4対、8本しかありません。
しかし両方とも十脚目に属していますよね。
実はタラバガニには退化した脚が2本隠れているんだそうです。
ひっくり返して甲羅の裏の部分を見ると脚の痕跡があるので、機会があれば見てみるといいかもしれませんね。
十脚目に属しているのは、かつては脚が十脚あったことに由来しているようです。

 

タラバガニ以外にもヤドカリの仲間の蟹がある?

私達が『カニ』と認識しているものの中には、タラバガニと同じように分類学上は『ヤドカリ』の仲間であるものがいくつかあるようです。
タラバガニと見た目がほとんど同じの『アブラガニ』も、ヤドカリの仲間です。
アブラガニとタラバガニは区別が難しいので、一部の悪徳業者は価格が低いアブラガニを『タラバガニ』として販売して問題になったこともあります。
見分け方の方法としては、甲羅の真ん中のトゲが4つなのがアブラガニ、トゲが6つなのが『タラバガニ』とされていますね。
味に関して言えば、どちらも美味しくいただけるので、区別をつけるのは難しいようです。
また、北海道でよく見かける『花咲ガニ』は、タラバガニの仲間で希少価値のあるものです。
勿論、タラバガニの仲間なので花咲ガニも分類上は、ヤドカリの一種ということになります。

 

 

まとめ
タラバガニは学術的に分類すると、蟹ではないことは事実のようです。

しかし、食べる分には何も問題はありませんし、食べ応えのある美味しい身は、まさに『カニの王様』といえるでしょう。
知識として覚えておくと、みんなでカニを食べる時に盛り上がるかもしれませんね!